ベラルーシで1週間の観光をする際の一般的な旅のルートをご紹介します。

※あくまで一例です。ツアーによりベラルーシの様々な魅力を感じられるでしょう


1日目 – ミンスク

  • ミンスク到着。ホテルへチェックインしてから市内観光。
  • アッパータウンとトラエツカヤ旧市街区
  • 聖霊大聖堂(17世紀)と聖マリア大聖堂(17世紀)
  • 聖シモン・聖エレーナ教会(20世紀初頭。赤の教会)
  • ニェミガ地区の古い町並み
  • 主要な町の広場や建物群、様々な公園

ミンスク(首都)

トラエツカヤ旧市街区

2日目 – ヴィテプスク

  • ヴィテプスク市内観光
  • 旧市庁舎。マグデブルグ憲章のシンボル的存在(現在は民俗誌博物館)
  • 知事公館(18世紀)、勝利広場、19世紀の住居
  • マルク・シャガールの家博物館、マルク・シャガールアートセンター
  • ポロツクへ移動→到着→ホテルにチェックイン

ヴィテプスク

ヴィテプスク

3日目 – ポロツク

  • ポロツク市内観光、ソフィア大聖堂(18世紀。建物の一部は11世紀のもの)
  • オルガンのミニコンサート、救世主エウプロシュネ修道院
  • ポロツクの古い街並み、印刷術博物館、織物博物館
  • グロドノへ移動(移動の途中、ベラルーシの伝統的な村の生活を体験。伝統的な食事と飲み物(自家製ウォッカ)、民俗音楽・舞踊ショー)
  • グロドノに到着、ホテルにチェックイン

ポロツク

聖ソフィア大聖堂

4日目 – グロドノ

  • グロドノ市内観光
  • 聖フランシスコ・クラヴェリイ教会
  • ブリギット・ベネディクト修道院
  • コロジスカヤ教会(12世紀)、様々な時代の城
  • ブレストに移動(移動の途中、コソボ宮殿(19世紀)とルジャンスキー宮殿へ)
  • ブレストに到着、ホテルにチェックイン

グロドノ

グロドノの町並み

5日目 – ブレスト

  • ベラヴェジの森(世界遺産)
  • ブレスト市内観光
  • 聖十字架カテドラル教会
  • シメオン大聖堂
  • 19~20世紀にかけて建築された建物群
  • ブレスト要塞

ブレスト

ベラヴェシの森

6日目 – ミール城とネスヴィジ城

  • ミンスクに移動
  • 移動の途中、世界遺産「ネスヴィジ城(16~18世紀)とミール城(16世紀)」を訪問。
  • ミンスクに到着、ホテルにチェックイン

世界遺産「ミール城」「ネスヴィジ城」

ネスヴィジ城

7日目 – ドゥドゥトキ

  • テーマパーク型民族誌博物館「ドゥドゥトキ」訪問。

この博物館では19世紀の建物や当時の職人たちの仕事振りを目にすることができます。ベラルーシで唯一の現役の風車、陶芸工房、19世紀の鍛冶屋の工房、伝統的な指物師・家具師の工房、パン工房、クラシックカーの展示。博物館の施設で昔ながらのやり方で作られた食べ物や飲み物もご試食いただけます。

  • ミンスクへ移動

ミンスク(首都)

ドゥドゥトキ

8日目 – 空港へ