マルク・シャガールが生まれた「芸術の町」

ヴィテプスクはベラルーシ北部の地域。中心都市の「ヴィテプスク」は、あのマルク・シャガールが生まれた町として有名です。彼の家は今でも博物館として残っており、当時の生活を感じることができるベラルーシの観光名所のひとつです。

シャガールの家博物館


マルク・シャガールが少年時代を過ごした家がそのまま博物館になっており、19~20世紀の生活を偲ぶ生活用品やシャガールの作品の複製などが展示されています。

フランスの画家として紹介されるシャガールをフランス人だと思っている日本人が多いですが、彼はここヴィテプスクで生まれ育ちました。シャガールは人生の大半を外国で過ごしましたが、生涯ヴィテプスクのことを回想し、愛し続けていたと言われています。

非常に小さい家なのですが、当時の雰囲気をそのまま残しているので、シャガールが好きな人にはたまらない空間になっています。

シャガール祭りとアートセンター


シャガールが生まれた7月7日には、シャガール祭りが開催されます。シャガールの家博物館の庭がメイン会場となり、ピエロやサーカスをテーマとした絵画やオブジェが飾られ、ミニコンサートなどのイベントが賑やかに行われます。

またヴィテプスク市内にあるもう一つの博物館である「マルク・シャガール アートセンター」では、シャガールのオリジナル作品を見ることができます。元々ベラルーシにはシャガールの作品のオリジナルは存在していませんでしたが、シャガールの子孫の方がヴィテプスクに作品を寄贈したと言われています。

場所


イリヤ・レーピンの別荘(博物館)

19世紀後半から20世紀初頭、「イワン雷帝とその息子」などで知られるロシアの有名な画家であるイリヤ・レーピンの別荘がヴィテプスク郊外にあります。市内から北へ16キロ。静かな自然に囲まれた場所です。


スラヴァンスキー・バザール

ヴィテプスクで有名なのが、毎年7月に開催される国際芸術祭「ヴィテプスク・スラヴァンスキー・バザール」です。ベラルーシやロシアをはじめ世界各国の歌手が集い、演奏やコンテストなどが行われる世界的な芸術祭です。音楽祭の最中は町中がお祭りムードになり、「職人の町」という場所では鍛冶屋や陶芸家など、様々な職人の作品がその場で実演・販売されています。運営の質の高さなどからFIDOF – Festival of the Year 2000に表彰されるほどの一大イベントです。

公式サイト(英語)

ヴィテプスク・スラヴァンスキー・バザール

古都「ポロツク」

同じヴィテプスク州にあるベラルーシ最古の町。美しい「聖ソフィア大聖堂」や、アウトドアを存分に楽しめる広大な「ブラスラウ湖国立公園」などがあります。ヴィテプスクから電車で行くことができます。

古都ポロツク

ポロツク